友人の結婚式に初参加

050219syu-gis.jpg諸々ありてほぼ徹夜で新幹線に乗り愛知県は豊橋へ。新幹線もタクシーも久しぶりに乗ったよ、そして久しぶりのYシャツ&ネクタイに、正月いただいた職人だったおじさんの形見の礼服(仕立て直した様にピッタリ)を着て、いざ友人の結婚式へ。大学(富山)時代の友人の式。かれこれ2年や3年ぶりくらいに会う友たちは、相変わらず皆素敵で、でも今は皆社会人として、学生だった頃には無い強さがあって、まぶしかった。もちろん新郎新婦はもっとまぶしかった。おめでとう、いい家庭を作ってくれ!
僕は今まで結婚式関連のお仕事の依頼をたくさんいただいてきました。あー、こういう素晴らしいことだったんだな、ありがたい仕事をいただいているな、と、再確認いたしました。ありがとうございます。新郎新婦のお母さんお父さんのお顔が、素敵だったなぁ。
親、親戚、友、仕事仲間、めでたいことは皆で祝福するのだ。友や仕事仲間に外国人が居れば、個人的な祝福はたやすく国境を越えるだろうよね、と、ふと感じた。
写真はがんばって作った特大ご祝儀袋。右下はサイズ比較のための携帯電話です。蝶結びは失礼なんだぜ、ちょっと勉強した。2次会出た後に東京へトンボ帰り。なんだか乗り物によく乗った日だった、ビジネスマンな気分。
ありがとう音楽:Ali Farka Toure