山梨道志の森より帰宅、ありがとうございました。

金曜の夜から土・日と、山梨道志の森にてイベント「ナチュラルハイ」で今年最初のキャンプ出店をしてきました。あいにくの雨でお客さんも大変そうでしたが、雨が降ると暇が出来たりして出店者同士で会話する機会など増え、いろいろ勉強になること多かったです。濡れたテントや売り物のTシャツを乾かすために滞在一日延ばし、月曜はすっきり晴れて、のんびり焚き火で朝ごはん作ったり、まばゆい新緑を堪能して夕方帰宅。荷物の整理して保育園に子どもを迎えに行って、一気に日常へ。たった3日ぶりでも息子のおしゃべりは上達していて、驚く。2歳4ヶ月、日に日に語彙が増えて発音もまともになってくる。言葉が伝わるというのはすごいことです。中学高校でみっちり学んだはずの英語、いまや全然話せない聞けないけれど、これはもったいないよなあ。そうそう、イベント期間中何度も足を運び絵を見てくれた外国人が居たのです。ニューヨークからのメール待ってるよ、易しい英語でお願いしますよ。
帰り道、道志の森を出てすぐの国道で、大荷物の自転車乗りを車で追い抜く。後輪の両脇にでかいバッグ、ちゃんとしたヘルメット、旅の途中だろうことが想像できる。ひょっとしてイベントの参加者なのかなと思って追い抜きざまにお顔をのぞくと、音楽イベントとは無縁そうな、結構なおじいさんでした。ありゃー、凄い、かっこいい。いつの間にか自力では運べぬほどの大荷物を載せて車に乗るようになってしまった若者の私。車なんか乗ってる場合じゃねーなー、と独り言。道の駅で休憩中に再会できたので、お話を伺ったら、横浜から4/11(だったかな)に出発、ぐるりと日本海を見てきた、78歳、北海道4回周った、今はいっぱいコンビニがあるから休めるし飯も買えるし3食500円で過ごしてもひと月6万円かからないよどこでもテントはれるし、簡単だよ、とのこと。淡々と、軽快に、痛快な口調、晴れ渡る空。持ち物は筆とスケッチブックと着替えとテントだけでいいんだ私、きっとそうだ。働き盛りの30歳が78歳に元気を貰っちゃったって、情けないやらありがたいやら、なんだか嬉しくなって、かっこいいと思います、お気をつけて、と率直に伝えて、僕は道の駅を発車オーライ。僕には僕の旅がもちろんあるので、車を運転しますが、何かいい人生の目標というか良い夢を、見させていただきました。夢は持つだけじゃなくて、叶えてこそ夢。
次の出店は5/31(日)八王子みんなちがってみんないい、朝から家族みんなで参加予定です。つまり子どもがのびのび遊べる良い雰囲気のイベントだということです。河川敷の草っぱら、ゴロゴロできるよ、入場無料、牛もヤギもいるよ、お店もたくさん。第2回、となっていますがたしか17年目、15回で一度一区切りつけて、去年少しだけ変わってこんどが第2回目、まあとにもかくにも大好きです。

コメント

  1. ニューヨーク・スケッチブック

    ニューヨーク・スケッチブック