夏到来。来週の月曜、海の日は近所のターナーギャラリーで海がないのに「海びらき」という名のイベントだよ。素敵な音楽家が多数出演&みんなで壁に海の絵を描くよーーーーー!!!!おいでおいで

17日の海の日に、近所のターナーギャラリー(東京豊島区と中野区と新宿区と練馬区の境目あたり)で、町の仲間と企画するヘンテコなイベントをします。海がないのに海びらき。すいかわりで鏡びらきして、地元の面白いミュージシャンがたくさん出演し、ハリボテの海の家で飲んで食って、ギャラリーの白い壁にみんなで海の絵を描きます。以下は会場イメージ画像。画像を触ると、360度見たい方向へ動かして見られます。

大きな真っ白い壁に、そこに来たみんなで海の絵を描く。シンプルだけどなかなか出来ない経験です。

2017年7月17日海の日14-19時ターナーギャラリー、長崎村の海びらき会場イメージ360度画像 – Spherical Image – RICOH THETA

壁に描く海の絵は、地域在住の2名のプロイラストレーター(猫関連の書籍イラスト多数の小泉さよさん、医療イラスト専門の津田佳彦さん)と僕がサポート役をしながら、魚一匹でもあぶくひとつでもいいから、とにかく居合わせた皆さんに描いて参加して貰えれば、と思っています。

古本の魚の図鑑を一冊購入したので、それをバラバラにして、好きなページを手に取れるようにして置いておきます。じっくり見本を見ながら描きたい人は図鑑の1ページを見ながら真剣に描いても良し。海ってどんな生き物がいたっけ?イソギンチャクって何色?面白い形の魚なにかないかな?図鑑があるとそういうのも調べやすいかなと。もちろん資料なんかなくても空想でどんどん描ける人は、どんどん描きたいように描いていけばいい。「海」というテーマ以外は何も決めていません。どんな絵になるかなー。汚れてもいい服でおいでください。

絵描きさんの簡単な紹介展示もします。それぞれ業種が違うタイプなので、面白いと思うのです。絵のお仕事についてとか、あれこれ聞いたら答えてくれると思う。

地元にご縁のある素敵なミュージシャンが5組出演します。出演順に紹介。

・懐かしくて楽しいジャズを演奏する、The Soul Union。ご近所在住のメンバーが複数。
・椎名町や池袋の五叉路をテーマにした曲を作って歌っているタジユキヒロさん。なんともいい味のメロディーと歌詞で、生で聴けるのが楽しみ。
・東長崎駅近くでCREOLE COFFEE STANDを営む中林さんがボタン式アコーディオンをひいてザディコという聞きなれないジャンルの曲でお客を躍らせる愉快なバンドZydeco Kicks
・はらっぱ祭りでも遭遇してるクールで熱い【海が似合わないミュージシャン】青木マリさん。
・今回のイベントの言い出しっぺで東長崎駅近くのやきとりキングのせがれのやきとり王子こと竹田克也さんはこのイベントのテーマソングも作ってやる気に満ちている。

・ステージの背後の壁では、地元と縁のある若者たちのライブペイントパフォーマンスユニットSamuraidenkiが踊りながら絵を描いている?


こちらは出演者からZydeco Kicksの演奏の動画。お客さんに貸す用の鉄板まで用意しているあたり、大好きです。ほーら、生ビールが飲みたくなっただろう?一緒に溺れましょう。

チラシ頑張って作ったよーん。せっかくなので一部分を拡大して載せてます。イベント好きなパーリーピーポーや音楽ファンはもちろんのこと、地域に関心ある人にも来てもらえたら面白いなと思いまして、一見爽やかめに。でもよく見るとちょっとおかしいよね、という感じを目指した。春に買い替えたペンタブレットとペンがだいぶ体に馴染んできました。今回は全部デジタルで作成。お仕事のご相談ありましたら気軽にどうぞ。

中学生以下無料。入場料1000円が、海っぽいもの持参で半額引きの500円になるよ。入り口の受付で何持ってきたか見せてね。会場で、「海っぽいもの何を持ってきたんですか」という会話が、初対面の人同士でも起きたらいいな。再入場可能です。手にハンコ押します。チラシに描いてある、浮き輪を持参してきたおじいさんの後ろ姿が好きです。来ないかなそういう人。

たくさん飲んで食べてねー。海の家も、壁画で描きます。絵じゃない本物の生ビールサーバーが来るらしい。

うひょー、かき氷に埋もれてみたーい。絵の具で描くように、好きな色のシロップかけていいらしいよ。

そしてそして、なんとなんと、絵の具や筆は、会場の二階にオフィスがあるターナー色彩株式会社さんが提供してくださいます。とても有名な絵の具の会社。今回、企画から一緒に関わってくださってる。こんなこと応援してくれるなんておもしろすぎ。

以下、タイムスケジュールとか

=======================

「長崎村の海びらき」
豊島区長崎地域にご縁のある音楽家、絵描きさんを集めて、海がないのに海びらきします。
音楽を楽しみながら、絵描きさんと一緒にギャラリーの壁に海を描いて「海の日」のお祝いをしましょう!
7月17日(祝 月曜)
ターナーギャラリー 東京都豊島区南長崎6-1-3

開場 14:00 閉会19:00
料金 1000円 ただし海っぽい物持参で半額引き500円になります
※中学生以下 無料!
【ミュージシャン・演奏タイムテーブル】
14:00 開場
14:30 開演 オープニングセレモニー(すいかわりで鏡びらき)
14:45 The Soul Union
15:30 タジ ユキヒロ
16:30 Zydeco Kicks
17:30 青木 マリ
18:05 竹田 克也
18:30 エンディングセレモニー
19:00 閉会
※タイムスケジュールは変更になる場合がございます。最新の情報をご参照ください。

【ライブペイント】
Samuraidenki

【みんなで描く壁画のサポート役イラストレーター】
井上ヤスミチ
津田佳彦
小泉さよ

【主催】
長崎村の海びらき実行委員会
【協賛】
ターナー色彩株式会社
渡辺建設株式会社
株式会社フジサワ・コーポレーション
シーナと一平
合同会社エターナルウィステリアアーツ / 小劇場てあとるらぽう

■ターナーギャラリーへのアクセス

西武池袋線 東長崎より徒歩約8分
都営大江戸線 落合南長崎より徒歩約10分

バス停【江原中野通り】関東バス「中12」(中野駅北口←→江古田駅)
バス停【南長崎五丁目】都営バス「白61」(新宿駅西口→目白駅前→江古田駅)

バス停【東長崎駅通り】都営バス「白61」(江古田駅→目白駅前→新宿駅西口)
周辺バス停についてはこちらのサイトで詳しく調べられます。

■長崎村の海びらきフェイスブックページ

本チラシが出来るまでのあいだの、告知用仮チラシ

仮チラシもけっこう気に入ってるんだよねー。実際スタッフはこのくらいゆるゆるな感じです。この近くに在住で知り合いできたらいいなと思う人も、ご近所ではないけどなんだか面白そうな町だなあと思った人も、是非おいで下さい。今回僕自身はフェイスペイントとかパフォーマンスとかではないので、いっぱいしゃべったりできると思う。僕もビール飲むしね。

最後に、海びらきイベントの言いだしっぺ「やきとり王子」こと竹田克也君が、昨夜の打ち合わせで放った衝撃の一言でお別れします。

「僕はビーチと無縁で生きてきたんですよ」

海びらきのリーダーがそんなんで大丈夫なのだろうか。冷静に考えるとスタッフ全員海が似合わないわ。海が似合うあなた、そして海が似合わないあなたも大丈夫よ。お待ちしてまーす。