昨夜は夏至でロウソクと七輪。衣類は最終安全確認中

昨夜は一年で最も日が長い夏至。電気を消してスローな夜を、との呼びかけに全国6万やらのお店や施設が賛同し、8時から10時、照明を暗くしてろうそくの明かりなどでゆったり過ごし、環境や暮らしのことを考えようという運動が日本中のあちこちであるのだそうです。我が家は毛虫被害の影響で仕事が遅れており忙しいので、今年は家を出ずに家族だけで夕食という過ごし方に決定。


(つづき)
キャンドルナイトより七輪ナイトの方が我が家らしいということで、庭に放置されている朽ちかけの七輪に火を入れて、見切り品の安くなったお肉で焼肉。電気は全部消して、ろうそくの明かりだけで挑みましたが、焼き色が見えず苦戦。手回し充電のできるキャンプ用LEDライトで焼き目を確認しました。途中から友人が一人参加して、4人でしみじみ庭で晩飯。明かりが暗いと、声も小さくなって、本当にしみじみ。今日で5ヶ月になる太郎(犬とかではなく人間です、息子)も、いくつ物ろうそくの明かりを代わる代わる見て、とても静かでした。いろいろ不便もあり、明かりのありがたみも痛感。夜は暗くなったら寝て、朝早くから働くべきだなあと、やはり実感。暑いけれど、ちょっとお日様のありがたさが倍増している今日です。
毛虫被害ですが、発覚・枝打ちの日から2週間半経って、生きた毛虫はまったく見ることが無くなり、方々に着いていた死骸も皆そぎ落とし洗い流し、作業場の床も徹底的にころころ粘着テープをしまして、家族のかゆみも無くなり、今週からはTシャツにロウで絵を描く作業も再開し、家族の衣類は庭に干したりもし始めました。もう大丈夫だとは思うのですが、最終確認として念入りに洗い直したTシャツや、新たに刷ったTシャツなどを、親類&友人10人ほどに送って着てもらい、痒くない・発疹が出ないことを確認してもらい、それから衣類の販売を再開したいと思います。お待たせしてしまいすみません。それらの対応によって仕事も遅れてしまっています。6月末までには遅れを取り戻したいと思っています。申し訳ありません。
あ、あと、もうひとつ。
夏至のキャンドルナイトに向けて3000万部という無茶苦茶な数が刷られて配られた、「環境問題をもう少し考えてみよう」という新聞「豪快な号外」が1000部ほど我が家にやってきました。いくらかはお店においていただいたりしたのですが、まだまだたくさんあります。中身は良い事がたくさん書いてあるし、かなりやわらかいイメージのもので興味関心薄い方にも手に取りやすく、夏至が過ぎても配って困るものではないので、夏に出店するイベントなんかで商品と一緒に置いて、無理無くゆっくり配っていこうと思っているのですが、私の家にも10枚欲しい、とか、職場に50枚欲しい、とかいう人が居れば、遠慮なく言って下さい。無料です。