MJ、それが、これだ、ダッ

20091126172731
ギリギリセーフで、楽しみにしていたマイケルジャクソンの映画、ディスイズイットを見てきました。映画館なんてたぶん学生の時以来。スリラーのPVに敬意払い、ポップコーン片手に座席へ。なんて、食べたかっただけだろ。さて、二時間大人しく座ってられるか心配だったのですが、一曲目でそれが無理だと悟り、二曲目で荷物持って席を立ち邪魔にならない位置へ移動。あの曲もこの曲もとひたすら躍り続け、終わる頃には汗だくに。彼自身の妥協なきもの作りの姿勢と、沢山の才能が合わさった時の力と、音楽の力と、録音や録画じゃない現場に起こる瞬間の力と、いろいろ学びました。いったん頭空っぽになって感動したもの詰め込んで、自分のすべきことに取り組みます。まずはこの鏡の中のおっさんから。
ありがとうマイケルジャクソン。
写真ははらっぱ祭りより、お買い上げありがとうの図!

コメント

  1. ヤスミチです より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    一番後ろの壁際の通路の真ん中。画面からも遠くなって、後ろスピーカーよりも後ろの位置になるので、画も音も迫力が減るんだけれど、僕にとっては座ったまま周りを気にしながら踊るよりは全然良かったです。おかげで泣けて踊れて最高ヨ。

  2. 火曜 より:

    さすが同世代!!あたしももちろん行きました!母と!今日2回目見に行こうと思いお昼にレイトショーチケット買いにいったらもう売り切れていたよ!つか 劇場にスペース見つけて踊れたってすごいねー!あたしも小学生の時ビートイットとかコピーしすぎてて結構フリ覚えてるんだよね~大画面見ながらあたしもガン踊りしたかった~!