明日8月25日(水)渋谷クワトロにてSukiAfrica

今年は参加できなかったのですが、学生時代最初にイベント(というか路上)で絵を描くきっかけをくれた富山のワールドミュージックの祭典スキヤキミーツザワールドというイベントが今年20周年で、そこに出演した数々のミュージシャンたちによるユニットSukiAfricaの東京公演が、明日、渋谷クワトロで開催です。とても豪華です。行きます。共演のバンドも超豪華で興味深い。では、皆さん会場でお会いしましょう。
今回出演されるN’DANAに最初に会ったのは佐渡アースセレブレーションの木崎神社フリンジ。古い神社の境内の無料で見れるステージに、バタドラムのゆるくて不思議なリズムで登場し、その後アフリカのドラムでエネルギッシュに演奏し、最後の「つちのうえ」という簡単な日本語の歌で会場に居合わせた多国籍な地球人たちは大盛り上がり。「とびあがってもつちのうえ うずくまってもつちのうえ つちのうえ つちのうえ つちのうえでわいわい」青空、森、神社の境内で大人も子どもも日本人も外国人も思い思いに歌い踊る、22歳だった僕はその強烈な光景に号泣。去年の富山でのスキヤキで再会した彼らは古い民謡などをも取り込んで、さらに力強い、独自な音楽を演奏していて、30歳になっていた僕はまたしても涙。明日もきっと良いに違いありません。
詳細はコチラ
以下転載です
渋谷CLUB QUATTRO
2010/8/25(水)
18:00開場 19:00開演
SukiAfrica
チウォニーソ(ジンバブエ)/エリク・アリアーナ(カメルーン)/ピーター・ソロ(トーゴ)/チャン・ジェヒョ(韓国)/サカキマンゴー(日本/タンザニア)/ンダナ(日本/アフリカ)
共演:Nudge! Nudge! Gran Mercado
ゲスト:U-zhaan(タブラ)/駒澤れお(ジャンベ)/高田漣(ギター/ペダルスティール)
▼Nudge! Nudge! Gran Mercado Profile
「ROVO」「ONJO」等のバンドのドラマー、自らも「Vincent Atmicus」「Emergency!」を主宰する芳垣安洋が、2003年に結成した打楽器集団。民族音楽的ポリリズムやビートの躍動、ライヒのミニマリズム、ウアクチのような音色の追求、シロ・バプチスタのビート・ザ・ドンキーに比肩するヒップなアンサンブル。伝統と現代ミクスカルチャーを繋ぐトライバルなリズムが、現代音楽からストリートまでをも包括するサウンドを作る。聴いてそして観て楽しいダンサブルなパフォーマンスのみならず、打楽器の持つパッションや明るさ、倍音が混ざり合う、うねるような浮遊感等、リラックスしたトランス感もナッジ!ナッジ!ならではの魅力。今回は、Orquesuta Nudge!を母体にゲストを数名加えて構成されたスペシャルなもの。高田漣(ギター/ペダルスティール)、U-zhaan(タブラ)、駒澤れお(ジャンベ)が参加し、あらゆるリズムが陳列した巨大市場のような音の世界を奏でます!!