お待ちかね、通販にて「一周握手」と「ぬかどこ」Tシャツ取扱い開始!

通販のページ「産直!井上ヤスミチ」にて、半分手描き半分プリントTシャツ「一周握手」と、新作プリントTシャツ「ぬかどこ」の2種類を取扱い開始しました。通販のページではそれぞれ4枚ずつ写真を載せて詳しく説明してありますので、見てみてください。
「一周握手」はTシャツを作り始めた頃からの定番柄で、腕のラインがぐるりと一周しています。以前は全て筆で描いていたのですが、間に合わないのと採算が合わないのとで、中央の握手の手と芽の部分をプリントし、その他を筆で描く形に落ち着きました。
tp-nukadoko01.jpg「ぬかどこ」は背面に日本人のソウルフード、ぬか漬けを漬けるぬかどこと、まわす手と、漬かる野菜と、なぜか浸る女性。奥には太陽と、ぬかの素となる稲穂に、軽トラックと家々の影。前面はぬかどこをまわした後に手の匂いを嗅ぐ様子を絵にしてプリントしたTシャツ最新作。4~5年前に発案したぬか漬けの絵のTシャツだったのですが、当時の僕にはぬか漬けを魅力的に絵にする力が無く、数年越しで、やっと、ついに、実現。
ぬかどこ、白黒の線で見たまんまに描いたら、砂の入った壺のような絵。目に見えぬ無数の菌の力と、毎日気にかけてまわす手と、米野菜作る人の愛を盛り込んだ絵にすることができたでしょうか。
女性だって、新鮮プリプリより酸いも甘いも発酵したくらいの方が美味であろうってな具合。
9月末までには、手描き藍柿渋染めTシャツの定番柄を、通販ページから受注できるような形を作って、スタートします。通販ページもどうぞよろしく。
さあ、週末は明治公園BE-INに出店です。半袖に加えて長袖染めTシャツなども作っています。会場でお待ちしています。

コメント

  1. ヤスミチです より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    4年か5年か前に、東小金井の、かの変な自転車ログハウス生演奏バーにてお話したのがきっかけで始まったんだと思います、ぬか漬けTシャツ構想妄想。まさか覚えていてくださるとは思いもしませんでした、嬉しいやら恥ずかしいやら。早速のお買い上げありがとうございます。あの頃は目に見えない物を描く発想が乏しくて、ぬか漬けを白黒線画で描くとしたらどう描けば伝わるか、パッと答えが出せませんでした。そう思うと、自分なりに少しは前進しているようです。
    まあ、続けているんだから上手くなってるのは当たり前、その上で技術や人間味とかじゃない「何か」が備わってないと、生き残ってはいけないような、そうでもないような。ぬかどこTに関しては、なんだかんだずっとぬかどこをまわし続けてきたことが絵に描けたことに繋がったような気がします。染み付いた生活の説得力。是非また始めてみてください。変り種では、水抜きした豆腐をぬか漬けにすると、ちょっとチーズみたいになって旨いですよ。あとはアボガドとか、ゆで卵とか。でもやっぱりキュウリやカブや人参を漬けたのがが旨いです。
    酒も、味噌も、醤油も酢も、納豆も、染めに使う藍も柿渋も、みな発酵。祖父母の時代まではそれらの過程が家に普通にあったのだけれど、今じゃ何かが発酵している家も少なくなった(まあ言ってみればパックの中の納豆や味噌もまだ発酵しているか)のではないでしょうか。日本人の英知、残念だとか思わずに、取り戻すならば、今だ!なんてねー。

  2. ょι より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    お久しぶりです。
    糠Tついに登場ですね!一枚いただきます。
    糠漬けも久しぶりにやってみようかしら。