土、日、埼玉皆野町であしのうらまつり!会場内では既に火曜から美術展も開催中

NCM_0281.jpg
土、日はあしのうらまつりに出店・出展・ワークショップします。会場のムクゲ自然公園(埼玉県秩父郡皆野町)内に大きなギャラリーもあり、今週の火曜からすでに「ぼくらのARTフェスティバル」と題された合同展も開催中です。このギャラリースペースは天井も高く広いスペースでしたので、普段なかなか飾れない大きな絵を飾っています。写真は月曜の設営中のもの。奥に見えるのは、2007年のアースデイ東京で六ヶ所村核燃料再処理工場に反対する大きなブース企画の壁面の壁面を飾るための絵。その後、富山の街の中で映画「六ヶ所村ラプソディー」を自主上映する際に飾りとして使われました。その他、静岡と東京での作品展にて、折り返したりしながら部分のみの展示などしたけれど、なかなか大きいので、ちゃんと広げてお披露目出来たのは過去2回のみ。高さ3.8m幅5.4m、この機会をお見逃しなく。凹んでいる口の部分が入り口となり、その奥には原発、原爆の写真や本の展示スペースを設けているとのこと。
写真は会場奥の一部分で、この他にも総勢20数名の絵、写真、クラフト、などなどいろいろ展示されています。盛りだくさん!土日のライブは大好きなバンドのつちっくれ、歌で一枚「なでる大きな手」という絵を描いたよアンギャー、ご存知素敵バンドチナキャッツ、そしてそして元たまの知久さん、何より合唱団を楽しみにしていたりします。滞在中にいっぱい泣くと思う、そんなまつり。様子見ながら、くす玉作りのワークショップと、フェイスペインティングをします。


以下、あしのうらまつりブログより転載↓
大好きで大切な家族や友達が、そして震災と原発で苦しむ全ての人が、
少しでも元気に、この新しい時代を思いっきり笑いながら生きれるといいなあ!
って、本気で切に思っています。
そんなわけで、まつりをやります。
2011年10月1・2日(土・日)
『あしのうらまつり』
at:ムクゲ自然公園(秩父郡皆野町)
《西武線》西武秩父駅下車。徒歩(約5分)にて秩父線・御花畑駅へ移動し乗車後、皆野駅で下車。駅より徒歩(約15~20分)でムクゲ自然公園へ到着。
《秩父線》熊谷駅から皆野駅で下車(約60分)。駅より徒歩(約15~20分)でムクゲ自然公園へ到着。
参加費:¥500(グラスキャンドル・プレゼント付き)
↓↓↓同時開催↓↓↓
2011年9月27日~10月2日(火~日)
『ぼくらのARTフェスティバル』
at:公園内美術館!
会場には美術館があり、そこでは、ぼくらのARTフェスティバル~ってことで作品展開催!!
俺達の仲間や、地元秩父の作家さん達が、思いっ切り想いを込めた作品を展示!
ゆっくりと、静かな心で作品に触れてみて
 LIVE
10/1(土)
★アンギャー
★ANBASSA
★NO∞無
★自由の森有志合唱団
★DIRE WOLF
★CHINA CATS TRIPS BAND
★LUCY&TAKA-C
10/2(日)
★だっこ
★知久寿焼
★つちっくれ
★トシマリ
トマサ
おけいBAND
たね。
and more!
 ART
☆井上ヤスミチ(絵)
☆チキータ(絵)
☆石丸 忍(絵)
☆トゥンキー・ウッド(木工)
☆ダニー&かほる(木工)
☆OjO(コラージュ)
☆黒澤有一(陶芸)
☆モンロー(陶器)
☆水谷 核(鉄造形)
☆RAINBOW BEAR(デコレーション)
☆かおり(風車)
☆イッセイ(写真)
☆がやん(写真)
☆NEO CANDLE(LED照明)
9/22追加!
☆田島昭泉(絵+版画)
☆籐六屋(シルク手染めふろしき)
☆モガット(オリジナル・ギター)
☆しげさん&あかねさん
☆バクちゃん
☆イシカワ トモコ(写真)
and more!!
 ワークショップ
★雷音堂(からむし細工)
★井上ヤスミチ(フェイスペインティング)
★えひな(読み聴かせ)
★みっちゃん&ハルカ(整体)
★NEO CANDLE(LED細工)
★アパッチ(子供達と鍋風呂大会&バウムクーヘンづくり)
★ダニー・ネフセタイ(戦争と原発のお話し)
★こども達!(朝ごはんづくり)
 出店
☆ラパン・ノワール・黒うさぎ(天然酵母パン)
☆ゆうよCAFE(スパニッシュ屋台)
☆畑一(都幾川村の美味しい野菜!)
☆モクシャ(やっぱこれだね!オニギリ!)
☆カズ屋(イタめし!)
☆トゥンキー・ウッド(木工細工)
☆雷音堂(手作りアクセサリー)
☆井上ヤスミチ(染色・手書きTシャツ)
☆みっちゃん(マッサージ)
9/22追加!
☆CAFE RAPPA(ヴィーガン・フード)
☆おっぺ(BAR)
and more!!!
マイカップ&マイ食器持参でお願いします!
ごみは各自でお持ち帰りいただきまーす!
う~ん、もりもりですなあwww
&注意:今回は放射性物質の子供達への影響を考慮し、キャンプインは基本ナシです。ごめんね。
ボランティア・アーティスト・出店者の方々には、雑魚寝大部屋があります。
それ以外の方も美術館内や各屋内施設でマットや毛布を持ち寄って、優しさ溢れる寝床シェアしましょう。(&大きい車の方なんかは車中泊もオススメだよん
どうしてもキャンプがしたい!という方は、なによりも子供への影響を考慮のうえ、以下長瀞キャンプ村(会場から車で約15分)をご利用下さい。
会場にて放射線測定を行なった限りにおいては、平均値として『0.04マイクロシーベルト』ということで、問題の無い値となっていますが、イベントを主催する責任において、転ばぬ先の杖を持つ事にしました。
変わっちまった時代の先っちょで、ぼくらはARTの可能性を信じよう
こどもらの嘘の無い瞳に、きらきらと輝く夢を映そう
あしのうらで歩いて、新しい世界を紡ごう
でわ!あなたやあなたやあなたを待ってま~す
お気をつけていらしてねん