シーズン オブ ゴッキー

夕飯時、廊下にあらわれたゴキブリを見て、タロウ2歳がはしゃいで競争した。
すばらしい。
余分な知識が無いおかげで、
生き物に変な優劣をつけずに付き合えるというのは羨ましいもの。
すぐ後に、新聞丸めた専用棒で撲殺されたゴキブリを見て、
きっとゴキブリはつぶすものという、要らぬ知識が刷り込まれてしまった事でしょう。
カブトムシがかっこよくて生かされて、ゴキブリがかっこよくなくて潰される、
などというのは、人間の勝手極まりない序列付けだと思いつつ、
カミさんはキャーキャーうるさいし、やっぱり台所なんかで増えると嫌なので、
ゴキブリは見つけ次第、ゴッキー専用棒でもって、潰します。
矛盾だらけだけれど、それが人間、許してゴキブリ。
近所の公園でテントウムシにビビリまくるちびっ子を見たが、
ああいうのはちょっと悲しいなあ。
エアコンのある部屋で暮らす犬、とかは御免だけど、
いつか田舎で山羊など一緒に暮らせたら良いな、とは思います。
今は台所の段ボールコンポストとヌカ床に数多の細菌を飼っているけど
見えないのよね姿。
あとは庭にミミズやら団子虫やらカナブンの幼虫やら、
彼らが野菜作りを少し手伝ってくれている。
キャベツから出てきた青虫を5センチくらいまで近づいて見て、
タロウの目はキラキラ。
人も死んだら燃やさずに土に還れば、
いろんな生き物が喜んで分解するのに、と思う。
暖かくなると大都会であっても生き物が活発になるものですね。
ああ、蚊よ、俺の血を吸ったぶん、何か恩を返しておくれ。ポリ、ポリ。