新作どん!明日より4日間、早稲田スコットホールギャラリーで創作表現者展。そして明日あさってはらっぱ祭りだよ。

新作絵画作品。タイトルは「ココ底 ココカラ」
手前に伸びる手、手のひらの中の同じポーズの小さな人、その小さな手のひらの中にもきっともっと小さな人。背景の黒はきっともっと大きな手のひら。ありがちな無限ループね。明日から早稲田スコットホールギャラリーで開催される100人展「創作表現者展」に出品するために描いた絵です。創作表現者、すごいタイトル。誰もが創作者だと思うけど、創作も表現も、いやそれにとどまらず生きるということは全てにおいて今が始まりでどんどん変わる。年老いて体力気力が衰えても、過去に戻ることはなくて嫌でも何でも進む。どれだけ進んでもそこはまだ底なんだなあ、めでたや召されるオツカレさんのその日まで、進むよなあ、という思いを込めて。10月の初心思い出して腹くくったある日に決めた絵。わーっと描けたよ。会場で販売もしています。だいたい22✕30cm。4万円です。
※※創作表現者展
長辺30cm以内という縛りで応募された100人の合同展。
11/2(土)-5(火) 12:00-19:00 入場無料。
全てではありませんが、多くの作品が購入可能です。
会場の早稲田スコットホールギャラリーは由緒あるレンガ造りの歴史的建物だそう。
http://www.hoshien.or.jp/gallery/access.html
そんで、明日あさっては大好きなはらっぱ祭り。
僕のブースはくじら山の東側のふもと。森のステージのすぐ横。例年と同じ場所です。主にフェイスペイントをします。絵画作品とダンボールイラストとうちわ(寒いけど)も展示販売。カレンダーは先日のブログに書いた通り間に合いませんでした。当日会場で予約を受け付けます。あとは、染めたまま残っているバッグをセール価格で販売しますよ。もちろん、絵やイラストのご相談や受注は大歓迎、会って話せばイメージも共有しやすいです。
はらっぱ祭り、大好きな大好きなお祭りです。何がすごいって、スポンサー無し、自主独立の、くじら山はらっぱという場所が大好きな人達による、みんなの祭り。そんなイベントなかなか無いよ。全ての参加者の意識がゆるーいんだけど誇り高い感じで、なんとも素晴らしいのだ。2日間でめいいっぱい笑って泣く。人と人の優しかったりおかしかったりする営みをたくさん垣間見る。僕の中で別格の行事。半日くらい滞在すると、その良さがスルメみたいにジワジワ来るかも。そうそう、ステージ上にはためく予定(でかい、ほんとに可能なのか?)の7mの絵の一部を担当しました。ツギハギ写真だけど、コレがその一部。

131028_020.jpg

●はらっぱ祭りサイトhttp://the-harappa.net/
はらっぱについて以前の記事など
●去年の感じ
●はらっぱ祭り、バスまたは徒歩での行きかた地図
●2010年の写真など
先月は絵本の挿絵(依頼主さんによる自費出版なので店頭には並びません)をたくさん描かせていただいたり、カレンダー描いたり、交差点に設置される会社の看板の絵を描かせていただいたり、フェイスペイントもしたり、はらっぱ祭りの大きな絵も描いて、創作表現者展の絵も描いてと、いろいろたくさん描いた。今月ももっともっと描くぞー。